ドライアイが増えている
こころとからだの健康を応援するサポートメディア
Menu

近年ではドライアイが増えています。ドライアイについて詳しく知るために、まず涙が出る仕組みや、その働きについてまとめます。

涙は主涙腺と副涙腺から分泌されます。

まぶたの裏の結膜の耳側に、分泌腺の口があいていますが、まばたきをするたびに分泌される基礎分泌は、1日に1ml前後といわれています。

この程度の量ですと、副涙腺からの分泌で維持できます。

一方、悲しい時などにどっとあふれる涙は、主涙腺からも流れ出ます。

精神的な原因や、痛みなどの刺激で分泌が促進される涙で、これを反応性分泌といます。

分泌された涙は10パーセントほどが蒸発します。

残りは涙点と呼ばれる排水溝から排出され、鼻涙管をとおって下鼻道へ抜けます。

涙は、目から鼻へ流れて抜けていくわけです。

涙点は、目頭の上と下2カ所ずつある小さな穴で、まぶたを引けば自分でも見ることができます。

涙の役割

保湿

目に水分補給して乾かないようにします。

この潤いがあるため、眼球の表面は滑らかさを保ち、網膜に像を結ぶことができます。

栄養補給

眼球の酸素と栄養分は涙からも供給されます。

特に角膜には血管がないので、涙が大きな栄養の供給源となっています。

防御

涙には、眼球の汚れや雑菌を洗い流す役割があります。

また涙には酵素や免疫たんぱくが含まれていて、目に入ってくる細菌を退治する働きがあります。

涙には、このように重要な働きがあります。

涙が少なくなると、目は大きなダメージを受けることになるのです。

涙のメカニズムとドライアイとの関係

目が乾くという現象には、いくつかのメカニズムが関わっています。

一つ目は、涙腺からの涙の分泌が少なくなることです。

涙をつくることができなければ、当然目は乾きます。

二つ目は、涙が必要以上に蒸発してしまうことです。

蒸発を防ぐ油分が不足しているのです。

エアコンなどで乾燥した室内の空気環境や、強い風、太陽の紫外線なども提供すると考えられています。

2つめは、まばたきの回数が少なくなることです。

目の表面の涙の膜の安定が悪いため、乾燥の症状が非常に強く、眼をあけているのがつらくなります。

パソコン機器での作業など、集中して物を見つづけると、まばたきの回数が減り、涙が分配されなくなります。

目の周りの筋肉がつかれるだけでなく、まばたきの回数が減ります。

また、精神的なストレスで緊張すると、まばたきの回数が少なくなることが分かっています。

目が乾く原因には、体質や年齢、病気なども関係しています。

しかしそのような原因がなくても、私たちの生活の中には、ドライアイになる原因があふれているのです。

ドライアイは眼精疲労の原因になる

首都圏で働いている人にアンケートしたところ、10人中8人が目の疲れで困っているという結果が出ました。

眼精疲労の原因としては、目のピントがうまく合っていない屈折異常や、調節異常などがあげられます。

度数が合わないメガネも、目の疲労の原因になります。

また白内障や緑内障など、病気も考えられます。

糖尿病や高血圧、動脈硬化などの生活習慣病も眼精疲労の原因です。

しかし、目の疲れがあるという人の6割は、このような問題が全くないにもかかわらず目が疲れています。

このような人には、ドライアイの診断基準となる症状がほとんど当てはまります。

ドライアイの症状

  • 目を使うとすぐ充血する、疲れる
  • はれぼったく重い感じがする
  • 眼球の奥の方が熱っぽく感じる
  • 光がまぶしく感じる
  • 感情が高ぶっても涙があまり出ない
  • 肩凝りや頭痛がひどい
  • 目がごろごろする
  • 目がかすんでしょぼしょぼする
  • テレビやパソコンなどの画面を長く見られない
  • 目を長時間履けていると、涙が出て止まらなくなる
  • エアコンに敏感で、すぐ乾いた感じになる

多くの人は、自分がドライアイとは全く気付かずに、眼科で指摘されるまでわからないそうです。

もし気になる目の症状があったら、ドライアイかもしれません。

早めに眼科を受診することをお勧めします。

目のトラブルは年齢とともに増える

中年期以降になると、涙目を訴える人が増えてきます。

一見すると、ドライアイとは全く逆の症状ですが、涙の分泌と排出のバランスが崩れておこるという意味では同じです。

黒目の部分に傷があったり炎症があると、そこが刺激になってたくさんの涙が出ます。

また、睫毛が黒目に接触しても涙の分泌異常がおこります。

加齢とともに白内障になると、光がまぶしく感じて、涙が大量に分泌されたり、涙腺の炎症のため涙が止まらなくなってしまうこともあります。

逆に、老化でまぶたが変形し、涙の流れを損なうことがあります。

結膜が老化でゆるんでも、涙の流れを妨げます。

眼輪筋が弱くなり、まばたきによる涙点の作用がうまくいかなる場合もあります。

涙は多すぎても少なく過ぎても困ります。

涙のトラブルは、目の健康を損なう原因になります。

【関連記事】
カナバニンで口臭、蓄膿症改善
鼻づまり解消効果のあるお茶厳選10種をランキング
スピルリナサプリを10種類厳選してランキング
マキベリー含有サプリを厳選10種ランキング形式で紹介します
【目にいいサプリ】厳選10種をランキング!目にいい成分がたっぷり摂れるサプリはコレ
ブルーベリーサプリ厳選10種をランキング!ブルーベリーサプリで目の疲れ対策を!
コレステロールを下げるサプリ
目の疲れを取るサプリ
目にいい食べ物
スーパーフードサプリをランキング
ルテインサプリ10種をランキング!
DHAサプリ効果と値段で選ぶなら?
眼精疲労に効く人気サプリをランキング
アントシアニンサプリ10種をランキング
アントシアニンを含む食べ物を23種類ピックアップ
アントシアニンを含む野菜、果実セレクション!ジュースの材料にもおすすめ
アントシアニン配合量と吸収率で選ぶ!ブルーベリーサプリ人気ランキング