ドライアイが増えている
こころとからだの健康を応援するサポートメディア
Menu

ドライアイの検査 2017年4月22日

ドライアイの診断には、当別な検査が必要になります。

まず涙を調べますが、量と質との両方から調べます。

ドライアイは、涙の量が少ないために起こりますが、量は十分でも質が悪いために起こることもあるからです。

シルマーテスト

涙の量は、シルマーテストで検査をします。

ドイツのシルマーという人が、19世紀末に開発した方法で、まぶたに細長い濾紙をはさみ、涙が出た量を測る方法です。

これで涙の基礎分泌の量が測定できます。

また反応性分泌は、意識的に鼻を刺激して涙を流し、涙の量と質を見る鼻刺激シルマーテストで計測します。

クリアランステスト

色素を点眼して、5分ほど待ち、その色素の排出具合を見る検査です。

涙の排出量が少ないと洗い流す力が弱いため、目に入ったごみやほこりなどがたまって、トラブルのもとになります。

染色テスト

色素、眼球の表面を染め、生体顕微鏡で調べます。

眼球前面の傷や凸凹状態などを見ることができます。

ドライアイの有無、さらにはドライアイのタイプを選別するのに適しています。

綿糸法

まぶたのへこみにたまっている涙を綿糸で吸収して、量を調べる方法です。

その他の検査

涙の中の特殊たんぱくの測定、アレルギー検査、知覚検査、また病気が原因と考えられる場合は全身検査が行われます。

ドライアイの原因

ドライアイの原因でまず考えられるのが涙の分泌が悪いことです。

第一に考えられるのは、涙腺の炎症や萎縮によって働きが悪くなっていることです。

ただし、涙だけでなく唾液などの分泌まで悪くなるシェーグレン症候群など、ほかの病気が原因ということもあります。

またウイルスに感染しても、涙の分泌は悪くなります。

涙の質が悪いのは、結膜炎や、マイボーム腺梗塞などがある場合です。

涙の量は正常でも、涙の成分のバランスが崩れますので、涙本来の役割が果たせず、ドライアイの原因となります。

涙の排出が悪い場合も、いつまでも汚れた涙がたまってしまうので、ドライアイの症状が出ます。

涙目なのにドライアイ症状があるというケースがあるのです。

また3層ある涙のうち、角膜に一番近い粘液ムチン層の質が悪いと、目の表面への涙の乗りが悪くなって、涙液層がすぐ壊れてしまい、ドライアイになるというケースもあります。

ドライアイの治療法と毎日の工夫

点眼薬

ドライアイの治療は、まず点眼薬を中心に考えます。

涙が足りない分を、人口の涙液で補うということです。

起床時や、睡眠時には涙が出ないため、ドライアイの人は特に目が乾いています。

まばたきがつらく、目もなかなかあきません。

このような状態が点眼薬で改善され、目覚めも良くなります。

また、角膜を保護し、上皮を正常に保つ、保水効果をもつヒアルロン酸ナトリウムの点眼薬が人気です。

さらに最近、粘液の成分であるムチンを増やす性質の点眼薬も加わり、これらを組み合わせて併用すると、ドライアイはかなり改善されるようになりました。

ただし、点眼薬は必ず防腐剤の入っていないものを使いましょう。

涙が少ない人が防腐剤入り点眼薬を使うと、防腐剤が目の表面にとどまり、角膜障害を起こす可能性があります。

最近は、防腐剤なしの点眼薬が市販されています。

ただし、防腐剤なしの点眼薬は長持ちしませんので、保管には注意が必要です。

涙点プラグ

点眼薬だけでは改善しない場合は、涙の出口である涙点を小さなプラグでふさぐ方法があります。

涙の排出が少なくなり、不快な症状が楽になります。

涙点プラグは、コラーゲンやシリコン製のものを使います。

健康保険が適用され、外来の簡単な治療でできます。

ただし、涙点をふさいでしまうと、クリアランスが悪くなることには注意が必要です。

花粉などのアレルゲンが洗い流されずに、目の表面にとどまってしまう可能性があります。

この問題は、上下の涙点のうち上だけをふさぐことで、クリアランスもうまくいくことが分かってきています。

また汚れた涙がとどまることで、炎症などが悪化する場合は、人口涙液で洗い流すようにします。

保護メガネ

涙の蒸発を少なくして、目の周りの湿度を保つためのメガネです。

風の影響を抑え、花粉や異物の侵入も防止してくれます。

ドライアイの検査 はコメントを受け付けていません。
カテゴリー: ドライアイ

ストレス対処法 2017年4月15日

ストレス対処法

ストレス対処法など、ストレスに関して深い知識を保有している人は、今のところ少ない様だ。

拡張期血圧90以上の高血圧になってしまうと、身体中の血管に大きなダメージがかかり、頭のてっぺんから足の爪先まで色々な血管にトラブルがもたらされて、合併症を誘引する度合いが拡大するのだ。

女性には縁がない、インキンとは、医学上では股部白癬という名称で、カビの一種である白癬菌が股間や陰嚢、尻などの部位に何らかの理由で感染、棲みついてしまう感染症で水虫の事なのだ。

演奏会の開催されるスペースやダンス広場などに備えられた大音量スピーカーの正面で大きな音を聞いて耳が聞こえづらくなってしまう事を「ロック外傷」と言っている様だ。

杉花粉症などの病状(鼻水、酷い鼻づまり、くしゃみ等)のせいで夜よく睡眠を取れないと、それが元凶で慢性の睡眠不足に陥り、翌朝起床してからの活動に芳しくない影響を及ぼす事も考えられるでしょうね。

好気性桿菌の結核菌は、菌を保有している人が「せき」をする事で内気に振りまかれ、空中にふわふわ浮いているところを別の誰かが呼吸の際に吸い込む事によりどんどん感染していきます。

何か物を食べる時は、食べようと考えた物を気軽に口に入れたら幾度か咀嚼して後は飲み込むだけだが、その後体はま事に律儀に活動し続けて異物を身体に取り込むよう努めている。

過飲過食、肥満、運動不足、遺伝、肉体的なストレス、老化といった様々な素因が混ざり合うと、インスリン分泌が鈍くなったり、働きが鈍化したりして生活習慣病に属する2型糖尿病を発症するといわれている様だ。

ストレスの常識はは、「消すべき」「除去すべき」と考えがちですが、その実、我々人は大なり小なりのストレスを経験するからこそ、生きていく事が可能になります。

体を撫でる事などで、入居者さんが犬の事を愛おしいと思った時に「愛情のホルモン」ともいわれるオキトキシンが多く分泌され、結果としてストレス緩和や心の癒しに繋がっていくのだ。

お年寄りや慢性的な持病を患っている人などは、極めて肺炎に罹患しやすく治療が長引くという情報があるので、対策の徹底や早め早めの治療が大事です。

BMIを求める式

BMIを求める式はどの国でも等しく同じですが、数値の評価水準は国によっておのおの異なっており、一般社団法人日本肥満学会ではBMI22であれば標準体重とし、25以上の場合は肥満、BMI18.5未満を低体重と周知している様だ。

BMI(体重指数)の計算式はどこの国も共通ですが、BMI値の評価基準は国家単位で違いがあり、(社)日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI22を標準、BMI25以上の場合だと肥満、18.5未満だと低体重と定義しているのだ。

子供の耳管の作りは、大人のそれと比較すると太い上に短い形であり、かつ水平に近いため、菌が入り込みやすくなっているのだ。

乳幼児が急性中耳炎にかかりやすいのは、この事が関係している様だ。

むねやけが主訴の逆流性食道炎は、3~4日くらいきちんと処方薬を飲めば、原則的に9割前後の患者様さんの自覚症状は良くなりますが、かといって食道粘膜の炎症そのものが完全に引いた事を意味しないのだ。

流感とも呼ばれるインフルエンザに対応する対策テクニックや治療方針も含めたベーシックな措置自体は、季節性のインフルエンザであっても新たに発見された新型のインフルエンザであってもほとんど変わらないのだ。

環状紅斑(かんじょうこうはん)とは何かというと環状、つまりは輪っかのような円い形状をした真紅色の湿疹など皮ふ病の総称であって、理由は余りにも多種多様と言う事で知られている様だ。

メタボリックシンドロームとは診断されていなくても、内臓の脂肪が多めに付着してしまう種類の悪質な肥満を抱える事により、いろんな生活習慣病を引き起こしやすくなります。

エネルギーとして速攻で機能する糖質、人の新陳代謝に必須となるタンパク質など、無理な痩身ではこんな体を維持するために外す事ができない栄養素までも減少させている。

悪性腫瘍である女性の卵巣がんは、普通なら人をがんにさせない作用をする物質を生産するための型ともいえる遺伝子の異常が原因で罹患してしまう病気です。

「肝機能の衰退」については、血液検査のGOTやGPT、γ-GTP等3種類の数値で確認できますが、ここ数年肝臓の機能が低下している方々が明らかに増加傾向にあると言う事が判明している様だ。

特に皆さんに知ってほしい基礎代謝量(きそたいしゃりょう)は睡眠中ではない覚醒状態で生命活動を保つ(心臓、口からの呼吸、腎臓の動き、体温や筋緊張の保持等)ために必須となる理論上のエネルギー消費量の事を指すのだ。

お年を召した方や慢性疾患のある人などは、一際肺炎を発病しやすくなかなか治らないという傾向があるため、予め対策する意識や早めの手当が大事なのだ。

軟部組織マニプレーションとは周辺の筋肉や骨が主因で位置が合っていない臓器を基本あったであろう所に返して内臓の状態を上げるという治療です。

パソコンの光のチラつきを軽減させるレンズの付いた専用メガネがいま最も人気を集めている原因は、疲れ目の対策法に多くの人々が苦心しているからでしょうね。

ストレス対処法 はコメントを受け付けていません。
カテゴリー: 未分類